子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

子供の目のクマがひどくてなかなか治らない…。

そんな時はなぜ目のクマが治らないのか?という原因を把握しなければなりません。

原因を把握する事で、適切な治し方を探し出すことができるので、効率的に子供の目のクマを治すことができるのです。

 

子供の目のクマを今のうちに治しておかなければ、今よりもさらに頑固な目のクマになってしまうかもしれません。
それではかわいそうですので、今のうちに子供の目のクマを治しておきましょう。

 

本記事のポイント
本記事では、子供の目のクマがひどくなってしまう原因と直し方について解説しています。

 

【症状別】子供の目のクマの原因3つと治し方

子供の目のクマがひどい理由は4つあります。

  1. 生まれつき
  2. アトピー気味
  3. 目をよくこする
  4. 目が疲れている

ほとんどのパターンがこれです。

注意
ただし生まれつきに関しては、先天的で原因が根深いため病院で手術する方法が1番。

本記事で解説するのは、生まれつき以外の原因と治し方についてです。

1.アトピー気味など皮膚が弱い

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

アトピー気味の皮膚は、バリア機能がとても弱いです。
通常であればなんてことの無い刺激も、アトピーかなすればかなりの刺激

たとえば私たちが普通に使っているコスメやボディソープ。
これもお肌にかなりやさしい商品ですら、刺激となってしまうのです。

その他にもダニやほこり、などもアトピー患者は皮膚の炎症を招く原因に。

 

さらに、アトピーの一番とも特徴とも言えるかゆみ
子供は、かゆみを中々我慢する事ができずに、かきむしってしまいますよね。

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

ポイント

もちろん目の下のかゆみでもお構いなし。

目の下は方法の皮膚と比べ3分の1以下の薄さで非常にデリケートなので、特にかきむしるという行為はダメージを与えやすいのです。

 

このように文字にしてみると分りやすいのですが、アトピーは常に刺激の危険にさらされています
ですから、常に肌が炎症状態にあるのです。

重要

炎症状態にあるので、目の下にクマがあるように見えてしまいます。

アトピーになってしまう一番の原因である、バリア機能の低下を改善してあげることが目の下を綺麗にしてあげるコツ。

 

通常、肌は皮脂や水分があるので、それらがバリア機能を果たしていますが、ご存知の通りアトピーのは、乾燥気味ですよね。
ですから、症状を抑えるためにはまずは保湿をしてあげることが先決。

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

アトピーの解決策

アトピーによる目元のクマを解消してあげるには、「保湿と壁」を作って目元のバリア機能を高めてあげることが大事。

と言っても、保湿方法は普通の化粧水や保湿クリームではいけません。

セラミド」という保湿成分が入っているクリームでないといけないのです。

セラミドとは?

保湿成分の中で抜群の保水力を持つ成分。

セラミドでないと、肌を保湿できないと言っても過言ではないくらい。

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

保湿成分といえば、コラーゲンやヒアルロン酸も有名ですよね。
もちろん保湿も可能ですが、それらは成分に隙間があるため、水分が蒸発しやすい懸念点もあります。

ところがセラミドの場合は、隙間なくを覆う保湿方法なので、水分を逃しにくいのです。
ですから、保湿に適した成分はセラミドということを覚えておいてください。

重要

そしてセラミドで水分を補給してあげたら「次は壁を作ってバリア機能を完璧」にしてあげましょう。

ここでいうとは、油分の事。

ご存知の通り、アトピー体質の方はカサカサ。
保湿力抜群のセラミドで保湿したとしてもアトピー体質ですとやはり通常よりは乾燥しやすいので、より水分を閉じ込めるためにも、壁を作ってあげなければなりません。

今説明している壁は、美容では「フタ」ともいわれます。

セラミドを補って、その上から蓋をしてあげることで、アトピー体質の肌も長時間水分を保ってあげることができるのです。

蓋の役割を担うのが油分の多いクリームタイプのものがオススメ。

そしてアトピーにより荒れた目元を改善しなければならないので、目元専用に作られたクリームを使っていきましょう。

おさらい

さきほども言いましたが、目元は方法の皮膚と比べると3分の1以下。

ですから、皮膚の薄さを考慮し刺激を与えずにうまく浸透させるように目元専用に作られたクリームだと、非常に効率よく成分を補給してあげることができるのです。

そこでオススメしたいのがメモリッチ

メモリッチはセラミドを配合している目元専用のクリーム
無添加で皮膚に優しくできています。

目元クリームというと、「お姉さん」が使うイメージがありますが、そんなことはなく子供にも使用することができます。
※公式サイトに明記あり

さらに全額返金保証がついているので、リスクなく購入する事が可能。

  • セラミド配合
  • 目元専用のクリーム
  • 無添加
  • 全額返金保証付き

これら全てそろっているのはメモリッチだけ。

アトピーが原因による子供の目のクマは、メモリッチが最適なのです。

 

2.目をこすってしまいクマができてしまうとき

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

ハッキリ言えば、目をこすってしまうのは茶クマの原因となります。
茶クマの原因は目元の皮膚をこすって、摩擦を与えてしまったことによる色素沈着

色素沈着を簡単に言えばシミそばかすの事です。

なぜ摩擦で色素沈着?

メラニン色素は、外部からの刺激を守るために生成されます。

なぜ摩擦を与えると色素が沈着してしまうのかというと、目元をゴシゴシ擦ることで肌が防衛反応をおこしてしまい、シミそばかすの原因であるメラニン色素を生成させてしまうからです。

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

メラニン色素は、日焼けをしても生成されますよね。
それが原因でシミやソバカスになってしまったり…。

目元を擦ることによる刺激も同じようにメラニン色素を生成してしまうのです。

茶クマの解決方法

色素沈着による茶クマができてしまったら、目元の皮膚を新しいものに生まれ変わらせるしか方法はありません。

重要

それにはビタミンCが効果的です。

もっと効果を上げるにはビタミンCをさらに浸透しやすく加工したビタミンC誘導体が効果的。

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

これももちろん、目元に塗るものですので目元専用のクリームであることが重要。

子供の茶クマを解決する目元専用クリームは、アイキララがオススメです。

その理由は、アイキララは医学誌に掲載された実績がある、色素沈着を消すビタミンC誘導体を配合しているからです。

メモリッチとアイキララの違い

 

アイキララは、セラミドこそ含んでいないものの、医学誌に掲載された実績がある、色素沈着を消すビタミンC誘導体を配合しています。

さらに公平な効能評価をする第三者機関での効能評価済みというところもポイント。

 

メモリッチも、ビタミンC誘導体を配合していますが、医学誌に掲載された実績はありません。

その代わり保湿成分抜群のセラミドを含んでいます。

ですから、子供の目のこすりによる茶クマは、医学誌に掲載された実績があるアイキララが1番オススメなのです。

もちろん全額返金保証もついていますので、効果に自信があるのもうかがえます。

 

3.ゲームをやりすぎによる目のクマ

kodomokuma2 子供の目のクマがひどい。生まれつき以外で治らない原因と治し方

ゲームをやりすぎてしまうと、目が疲れてしまいます。
それが子供であればなおさら。

目の疲れにより、血液が滞り青クマができてしまうのです。

今はスマホの普及により、お子さんでも簡単にYouTubeを見ることができるようになりました。
さらに子供が大好きなニンテンドースイッチやニンテンドー3DSなど、昔よりも子供がゲームに触れる機会がたくさん増えてきましたよね。

もちろん我が家の子供も、ゲームやYouTubeが大好き。

だから当然、毎日目を酷使しているわけですから目に疲れが溜まっています。
だから青クマができて困ってしまいます…。

青クマの解消方法

目の疲れを取れば青クマは解消しますから、まずは目の疲れを取ることが先決。

「ゲームやYouTubeをやめさせろ」という意見はごもっともなのですが、それがなかなかうまくいかないのです…。

目の疲れを取るにはアントシアニンという成分。

アントシアニンって?

アントシアニンは、青系の果物に多く含まれています。

その中でもカシスのエキスはクマを治す効果があり、さらにカシスに含まれているアントシアニンが血行を良くしてくれます。

つまりカシスは、ゲームをやりすぎてしまうお子さんにピッタリの成分が含まれている、ということなんです。

カシスを手軽に摂るにはサプリがおすすめ。

カシスのココがオススメ!

目の疲れにより青クマにまで発展している場合は、カシスの色素が必要なんです。

カシスの色素は、青クマの色を綺麗に取り除く効果がありますから。

 

さらにカシスには目の疲れを回復させる、アントシアニンも含まれているのでカシスを摂ることで一石二鳥なのです。

そこでオススメなのがカシスサプリのアサイーベリープラチナアイ

これはカシス由来のサプリなので、当然カシスの色素も入っています。
さらに、目の疲れを回復させるアントシアニンも入っているので、毎日ゲームをして目を疲れさせてしまっているお子さんにオススメのサプリです。

副作用もなし!
アントシアニンは、水溶性の成分なので過剰摂取しても、必要な分以外は体外に排出されるので副作用も問題ありません。

我が家の子供にもアサイーベリープラチナアイを飲ませています。

これにより青クマを解消する事ができました。

 

子供の目のクマの治し方まとめ

子供の目のクマまとめ
  • アトピーが原因であれば、セラミドが配合されている目元専用クリーム「メモリッチ
  • 目のこすりが原因であれば、医学誌掲載のビタミンC 誘導体を配合している「アイキララ
  • 目の疲れが原因による青クマは、カシスカントシアニンを含んでいる「アサイーベリープラチナアイ

この方法が、子供の頑固な目のクマを治す一番の早道。

あなたのお子さんはどのような原因で目のクマができていますか?

親御さんが適切な処置をしてあげることで、頑固な目のクマにならず今のうちに治すことができます。
ぜひあなたのお子さんに最適の対処をしてあげてくださいね。